【ブログ】お礼【ブログ】

番組の最後に、みなさんにお伝えしたメッセージ、一部修正して今の思いを込めて改めてメッセージとさせていただきます。

いつも番組をお聞きいただいている皆様に最後のメッセージです。

懐かしい記憶をたどること、4年前。たんなんFMというFM局で市民パーソナリティーとして活動し始めたのが、2012年5月でした。当時は、学生だけで作る「青春☆ジョイコミ」にミキサー操作として参加させていただいたことがラジオパーソナリティーになったきっかけでした。

ジョイコミだけの出演だった僕も、とあることがきっかけで2013年の3月に八木さんの番組「スリーミーなひととき」のミキサー兼企画を担当するようになりました。

少しでも、番組を聞いてくださるように面白い企画などを考えそれを実行に移すように心がけました。

その年の4月からは、アシスタントの「ラスカルさん」、7月には今こうやって中継で参加してくれてる「りょうくん」も出演し、よりたくさんの方々に聞いていただけるように改良を重ねてきました。

時には、私や私の両親に対しての誹謗や中傷などがありその時は大きく落ち込み、どうすればよいものかと考えたこともありました。

その出来事があったからこそ、他の番組に負けない、逆に真似したくなるような番組作りをするようになったのです。

これも、私に対してアドバイスをしてくださったたんなんFMの伊藤理事長、スタッフさん、八木さんやラスカルさん、りょうくん、そして同じたんなんFMで番組をもつ市民パーソナリティーの方々のおかげでここまで成長できたと思っております。

この4年間、たくさんのかけがえのない体験、思い出を作ることができました。

ただ、2つ心残りと後悔があります。

1つ目の心残り、それは学生らしくできなかったこと。

普通の学生であれば友達とワイワイガヤガヤと話しあったり、頻繁に旅行に出かけたりとしていたと思います。もちろん、4年生になってからは前以上に県外に出るなど思い出づくりに努めましたが、なんといっても学生間のコミュニケーションのやり取りです。大人の人と常日頃からいるということもあって、同じ学生の中で盛り上がっている話題についていくことができなったかなと…

これは、FMのパーソナリティーをしている以上仕方がないことなのかもしれませんが、もう少し切り替えや両立ができたらよかったと思っています。でも、他の人にはできないことをできたという点ではよかったと思っています。

そして、2つ目。それは、目標としていた就職活動ができなかったこと。

社会は自分が思っているほど甘くない。これは、わかりきっていることです。目標としていたメディアの業界での就職活動にチャレンジをしましたが、やはりの自分の無力もあって、違う分野に進むことになりました。もし、メディアの業界に進んでいたとしても、今日の放送のように卒業というのは間違いなくあったことでしょう。

もし、もう一度やり直せるのであればやり直したいと思っています。

さて、4月からは私も社会人です。仕事がちゃんとできるか、人付き合いがうまくできるか、社会に対応できる人間になれるか、今このメッセージを読んでいる時ですら不安に思っています。

人間関係やちょっとした言葉の思い違いで、壁にぶつかり泣きたくなる日もすでに何度か経験しています。最初の1年は勉強だと思い諦めずがんばります。

これまで、FMで培った考え方、トークの技術、話し方をこれから働く企業で活用していけるよう努力していきたいと考えています。

最後になりましたが、この4年間たんなんFMのパーソナリティーの一員として「人とのつながりの大切さ」を学ぶことができました。この世の中には、いろんな人がいます。様々な年代の方々と会話をすることで、狭かった僕の視野も少しは広がったのではないかと。出会えたみなさんに感謝しています。

いつになるかは、わかりません。約束でもできないかもしれません。

でも、いつの日がこのたんなんFMというラジオ局、スリーミーなひとときの番組に戻ってこれるよう努力していきたいです。

この4年間、本当に本当にありがとうございました。それではみなさん、またどこかでお会いしましょう。

2016年3月30日 ミキサー・演出

たま

お知らせ

一旦、番組のパーソナリティーとしては離れます。番組ブログについては自分自身の余力がある限り不定期にはなりますが、続けていきたいと思います。

その時は、またブログをご覧ください。そして、最近こんなことしてるんだな〜と僕のことを思い出してもらえると嬉しいです。

The following two tabs change content below.
たま
2016年3月大学卒業。3月28日には、スリーミーなひとときの番組からも一旦卒業。 2016年4月からは、社会人として頑張ります。
たま

最新記事 by たま (全て見る)