【名古屋リポートなう】博物館明治村

博物館明治村正門

こんにちは、名古屋のりょうです。この企画はよく、ミキサーのたまや八木さんから「伝わりにくい場所を選んでいる」と言われます。しかし、それは「音声でどれだけの情報が伝えられるか」という限界に挑戦しているからです。

さて、今回は愛知県犬山市にある野外博物館「博物館明治村(以下、明治村)」に訪れました。この明治村は明治時代の建造物を展示し、文化・産業・交通を後世に伝える施設です。しかし、それだけではないのです。

謎解きゲーム「明治探検隊」にチャレンジ!

明治探検隊、最終章。
謎解きゲーム「明治探検隊」。明治村に散りばめられたヒントを元に、「奇術の宝玉」を探します。

明治村では、7月26日まで「明治探検隊」というイベントを実施しています。このゲームは、冊子に書かれている暗号を解読し、明治村に散りばめられている「奇術の宝玉」の在り処を示すヒントを探すものです。難易度は1〜5まであり、私は初級者向けの難易度1に挑戦しました。制限時間が定められており、申し込んだ日の16:30までに答え合わせをしなくてはいけません。

難易度1の暗号自体はそんなに難しくないです。明治村のグルメと建造物に見とれて、謎解きをする気力がなくなることもありましたが、なんとか私の推理力と他の人の助けを借りて、「奇術の宝玉」のキーワードを発見しました。

しかし見つけた時には、制限時間30分前。制限時間を過ぎたあとも、発見したキーワードから「奇跡の宝玉」の在り処を探そうとしましたが、閉園時間の17:00になりゲームオーバー。結局「奇跡の宝玉」は見つかりませんでした。orz

明治時代の変革を肌で感じる

帝国ホテル中央玄関
明治村には明治時代の歴史ある建造物や史料が多数展示。写真は帝国ホテル中央玄関です。

明治時代は急速に西洋化が進んだ激動の時代でした。明治村では歴史ある建造物や貴重な史料を展示しています。

例えば、上の写真は東京都千代田区にあった帝国ホテル中央玄関です。周りにある他の建物とは一線を画す、重厚かつ格調高い見た目です。中に入ることもできお土産店やカフェが営業しています。

鉄道寮新橋工場(機械館)
明治時代の産業発展を支えた、機械を展示。西洋諸国に負けない国作りに励んだ先人たちの軌跡といえるでしょう。

この他にも、金澤中央看守所・監房や、三重県庁舎、研究所、銀行などが移築・復元されて展示されています。また、長崎県の端島炭鉱(通称:軍艦島)や群馬県の富岡製糸場で注目を浴びている、明治時代の産業革命を支えた機械も展示(写真)。当時の日本人の姿 ―「西洋諸国に追いつけ」と試行錯誤する姿と、明治の産業発展を陰で支えた必死に働く人々の姿が想像できます。

明治村は激動の明治時代を後世に伝えるために、施設が充実しています。また、日本で3番目に広いテーマパークですので、一日かけてゆっくり見るのがお勧めです。

まとめ

明治村は、激動の明治時代を貴重な史料や建造物で紹介。当時の日本人の生活の様子や姿勢が目に浮かぶでしょう。謎解きゲームもあるので、親子連れでも楽しめます。

次回(2015年8月)は名古屋のご当地アイドルをご紹介します。放送中にアシスタントのラスカルさんから、今はご当地アイドルではなく「ロコドル」だと聞きました。確かに、「ロコドル」の方が語感や字面が可愛らしいですからね。

引用

The following two tabs change content below.
りょう(名古屋支局長)
福井県出身。 2013年7月からリポート企画「名古屋リポートなう」、2014年8月から番組ホームページの管理を務めた。 2017年3月を持って退任。 趣味はアニメ鑑賞とお絵描き。
りょう(名古屋支局長)

最新記事 by りょう(名古屋支局長) (全て見る)