かわら版  「成人式のあれこれ」

今日は成人の日。おとなになったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日です。名古屋リポートなうを担当してくれているりょうくんも昨日、成人式に出席し久しぶりに出会った同級生たちとゆっくり話ができたようです。そこで、今回のスリーミーかわら版は「成人式のあれこれ」をご紹介します。

古くから成人を祝う儀礼があり、男性には元服、女子には結髪などがあったとされています。

日本における現在のような成人式の形は、1946年11月22日に埼玉県北足立郡蕨町(現在の蕨市)で行われた「青年祭」がルーツとなっています。終戦間もない時期であったので、次世代を担う青年たちに明るい希望を持ってもらおうと、当時の蕨町青年団長が主唱者となり企画しました。この青年祭が全国区に広まり現在の成人式となったのです。蕨市の青年祭に影響を受けた国は、1948年に公布・施行された祝日法により、1949年から1月15日を成人の日として制定されるようになりました。これ以降はほとんどの地域で1月15日に行われるようになりました。その後、1998年の祝日法の改正により2000年からは1月の第2月曜日に移動しています。

現在では、成人の日もしくはその前日に開かれるのが多くなっていますが、GWやお盆に開催する市町村も多いようです。これは、就職や進学などで地元を離れる人が多く、実家に帰省する人が多いであろうお盆や大型連休に行う方が参加しやすいだと言われています。

2000年代になると、成人式に参加する若者のモラルの低下も言われるようになってきました。会場内で携帯電話を使う、暴れまわって式を妨害するなどがありますが、福井県でも実際に新成人の一部が市の職員や警備の警察官に対して殴るなどをし逮捕されるという問題を起こしたことも有りました。

ここまで、日本での成人式について触れてきましたが、海外はどうなのか気になりますよね。

調査したところ、日本のように成人年齢に達したことを全国一斉で祝うような式典はほとんどないようです。

今年20歳に迎えた皆さん、成人おめでとうございます。これからは大人として自分の言動に責任がつくようになります。そして、たくさんの幸せな出会いがやってくることかと思います。何事にも自覚を持って過ごしてほしいものです。

The following two tabs change content below.
八木正幸のスリーミーなひととき

八木正幸のスリーミーなひととき

福井県鯖江市のたんなんFMで毎週月曜19:00からオンエア! パーソナリティーが次回予告などの番組情報を発信します!丹南地域以外の方は、Ustreamでお聴き頂けますよ*\(^o^)/*
八木正幸のスリーミーなひととき

最新記事 by 八木正幸のスリーミーなひととき (全て見る)