2015.09.07 かわら版「今年話題になった人物」

2週間ぶりのかわら版です。

2015年も残すところあと3ヶ月になりました。今回は今年ニュースやインターネットを大きく騒がせた人物を紹介します。

まずは『家具屋姫』こと、大塚家具の社長である大塚久美子氏。父で大塚家具の創業者の大塚勝久氏と大塚久美子氏の両方が互いの辞任を求めて役員人事案を出し、親子が対立する骨肉の「お家騒動」を繰り広げました。このお家騒動の根底には、勝久会長と久美子社長との経営路線の違いがありました。勝久氏は会員制を導入して接客を重視してきましたが、久美子社長は路線の転換を図り、カジュアルで気軽に入れる店作りを進めてきました。双方が互いの退任を求めて役員人事案を出し、自らの案に株主の賛同を求める異例の委任状争奪戦になっていました。

3月27日の株式総会で、大塚久美子氏の続投を求める株主提案が可決され、大塚勝久氏が株主提案した久美子氏の退役を求める議案は否決されました。

また、ここに来て大塚家具のお家騒動が新たな展開を見せています。7月1日に「匠大塚」なる新会社が設立されたことが明らかになったのです。法人登記の設立目的には、美術工芸品や家具、カーテン、照明器具などの卸売り、小売り業務とあり、まさに”第2大塚家具”といえそうです。

次は、今年の甲子園を大きく沸かせた清宮幸太郎選手。早稲田実業高校の1年生です。父親の清宮克幸氏はラグビー界の名将と言われています。清宮選手は身長184cm、体重100kgの恵まれた体格で小学生の頃から注目されていました。エースで4番として出場した2012年の世界大会では優勝し、今年の春に早稲田実業に入学すると、いきなり3番打者でレギュラーに抜擢されました。全国高校野球選手権大会西東京大会では、4打数4安打3打点の活躍。都立日野高校を8−9で破り、ベスト8入りを決めました。高校1年生にしてすでに将来が嘱望(しょくぼう)されている清宮選手。今後の活躍に注目です。

最後はグラフィックデザイナーの佐野研二郎氏。2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムをデザインしました。ところが、ベルギーのリエージュ劇場のロゴをデザインしたオリビエ・ドビ氏が劇場のロゴと東京オリンピックのロゴが似ていると主張。これに対して佐野研二郎氏は盗作疑惑を否定しました。

しかしその後、次々と盗作や画像の無断転用の疑惑が続出。サントリービールのキャンペーンでは、トートバッグのデザインがインターネット上の画像を無断で使用したものではないかとの指摘が相次ぎました。後日、30種類のトートバッグデザインのうち、佐野氏の申し出で8種類を取り下げ、サポートデザイナーが第三者のデザインをトレースしていたことを認めました。この他にも、名古屋市の東山動植物園のロゴとコスタリカ国立博物館のロゴやエンブレムの使用例として使われた画像が個人ブログに投稿されている画像と酷似しているとの指摘があります。

9月1日には佐野研二郎氏デザインの公式エンブレムを白紙撤回すると、東京オリンピックの組織委員会が発表しました。

今年も多くの人物が話題をさらいました。今年の顔は一体誰になるのでしょうか。

<参考・引用資料>

  1. http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/26/idc-stockholders_n_6952238.html
  2. http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/21/kiyomiya_n_7845500.html
  3. http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/29/2020-logo-problem_n_7893822.html
  4. http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/04/sanokenjiro-emblem_n_8086880.html?utm_hp_ref=japan
  5. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1508/15/news016.html
  6. http://www.asahi.com/articles/ASH9363H7H93PLZB01M.html
  7. http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/18/sano-kenjiro-higashiyama-zoo_n_8001878.html
  8. http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/29/sanokenjiro-emblem_n_8058016.html
The following two tabs change content below.
たま
2016年3月大学卒業。3月28日には、スリーミーなひとときの番組からも一旦卒業。 2016年4月からは、社会人として頑張ります。
たま

最新記事 by たま (全て見る)